スクールMARIKOスタッフ・ブログ

2015年10月

  • スクールMARIKO3年目 最終回

    みなさまご来場ありがとうございました。
    お陰さまでスクール3年目最終回を無事に終えることができました。

    最終回のゲストは福島在住、詩人の和合亮一さん。初年度もご参加いただき今回で2度目のゲスト出演になります。

    2年ぶりということでお出迎えするときに少し緊張したんですが、和合さんは変わらぬ笑顔と柔らかな物腰で、すぐに緊張を解いてくださいました。

    スクール本編でも笑いを交え話される和合さんですが、やはり空気は一変します。

    「そこに川があって、対岸では変わらぬ現実がある。」

    詩人の和合さん。たくさんの言葉に耳を傾けます。
    亡くなった方、インタビューしたおじいさん・おばあさん、子供たち。

    福島の子供たちから生まれた言葉。
    「まほうのつなみ」「たびしいお花見」

    ”津波”や”海”という言葉を言うことも聞くこともできない状況。
    そんななか、ある子供が言った言葉。
    「いつか”まほうのつなみ”がきてみんな元に戻してくれるよ」

    家族が離ればなれになる。
    そんな状況の中の花見で子供が発した言葉。
    「たびしい」
    楽しいけれど寂しい花見。

    和合さんは言います。「言葉を置き石として並べていく。そうやってその間にある言葉にならないことを表現する。」

    ひとつひとつ言葉にしていくしかない。しかし言葉を発することはとても勇気がいることだと思います。

    僕たちはその言葉をどう受け止め、また自分たちもどんな言葉を発していくのか。とても考えさせられました。

    また和合さんが現在取り組まれているプロジェクト
    「未来の祀りふくしま」
    鎮魂と再生の新しい文化としてオリジナルの創作神楽をつくられ、今後も挑まれていかれるそうです。
    先日その模様がNHKでも放映されていました。
    今後も注目していきたいです。

    スクールMARIKO 岡田真司