スクールMARIKOスタッフ・ブログ

2014年5月26日

ずいぶんのごぶさたです。ハマダです。

2014年度のスクールMARIKOもスタートしました。

第一回の様子はこちらでどうぞ。

楽しい楽しいコンサートだった第一回に続き、第二回のゲストは、昨年に引き続きの放射線衛生学者の木村真三先生でした。お出かけいただきましたみなさまありがとうございました。イベントの多いこの時期、集客も心配しましたが、昨年のリピーターあり、新規の方もありで和気あいあいと行うことができました。

IMG_0310r_original

昨年からまたさらにパワーアップした熱い語りの木村先生のお話に会場のみなさまもぐいぐいひきこまれていらっしゃいました。「講義ばかりでわかりにくい話になってはいけないね。なごやかな雰囲気の中に大事なメッセージを込めましょう」と、木村先生にご心配いただき、急きょトークーショースタイルに変更することになり、お相手をつとめるハマダの緊張も一気に高まりました。

IMG_0359r_original

ベクレルやシーベルトから始まる専門用語の話は何度聞いてもわからないことが多いのですが、でもね。何度も何度も聞きましょうよ。何度も何度も集まりましょうよ。そうして少しでも「知ること」ができてそのうちに「考える」ことができればいいじゃないですか。のんびりいきましょうよ。木村先生がずっと調査、支援に通われているウクライナだって昨年までどこにあるかわからなかったのですもの(ウラジオストックと間違えていたハマダ(笑))。今ではなんだか身近に感じられて、ちょっとニュースに耳を傾けたり歴史を勉強したりしてみる、なんて、勉強をするって視野が広がることなんだなあと実感しています。まさに、それがスクールじゃないかと思う朝です。木村先生、もっともっとお話が聞きたいと、終了後のアンケートにも書かれていましたよ。松江に来てくださってありがとうございました。

さあ次回は6月21日、たくさんのお出かけお待ちしています。

 

2014年5月26日