スクールMARIKOスタッフ・ブログ

2016年4月25日

いよいよ今年もはじまりますよ!

「スクールMARIKO 2016 スクまりはじまり トーク&ライブ」

sukumari_hajimari_omote_s

第1回目(5月15日)のゲストは寺尾紗穂さんです。

寺尾さんはミュージシャンとしてだけでなく、エッセイストとしてもご活躍されています。

昨年には『原発労働者』(講談社学術新書)を刊行されました。

genpatsu_roudousha

 

原発は一度作ったら「終わり」ではなく、そこでは大勢の人が働いています。

動かし続けるのにも、止めるのにも、彼らの働きが必要になります。

…ということは、なんとなく知っているんだけど、じゃあ「彼ら」っていったい誰なんでしょう?

この、なんとなく知っているようで全然知らなかった「原発労働者」の実態を、寺尾さんのエッセイはみごとに描き出しています。

 

寺尾さんは「彼ら」に寄り添い、その語りにしっかりと耳を傾けます。

当然、そこにはひとりひとり違う境遇があり、人生があります。

福島の事故後の考え方も全然違います。

 

そういったなかで「それでも考え続けよう」という寺尾さんの姿勢は、この「スクールマリコ」のスタンスととても似通っているのかもしれません。

 

福島の原発事故から5年たったからといって、「もう、なかったこと」「終わったこと」するのではなく、5年たったからこそ、ちょっと腰を据えて考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

今年もスクールマリコは、ワクワクのイベントを次々と企画しています。

1年間、みなさんで楽しみながら考えていきましょう!

13043486_1155397191151754_3071908719384905300_n

スタッフ・福井

2016年4月25日