• TOP
  • >
  • スケジュール
  • >
  • 第2回 避難区域の再生〜100の課題だから100のビジネスを創造する〜

※終了しました。ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。 →第2回の様子

----------------------

第2回 「避難区域の再生 ~100の課題から100のビジネスを創造する~」

 

 
 

ゲスト:

和田智行(小高ワーカーズベース代表取締役)

日時:

2018年7月28日(土)

 

開演 15:00

場所:

カラコロ工房 地下大金庫室

 

(松江市殿町43)

 

※会場マップはこちら

料金:

2,000円(学生半額)

 

※学生の方はご入場の際に学生証等、確認できるものをご提示ください。

  
 
●和田智行(わだ・ともゆき)
福島県南相馬市小高区(旧小高町)生まれ。2005年、東京のITベンチャー2社の役員を務めながら故郷にUターン。以来、南相馬の自宅で東京の会社のボードメンバーとして働くライフスタイルを確立する。
東日本大震災に伴う原発事故により自宅が警戒区域に指定され、家族とともに強制避難。避難先を5か所転々とする。2013年、避難先である会津若松市に新設されたインキュベーションセンター勤務を経て、2014年5月、まだ避難指示区域だった小高区に単身戻り、人が住めない町では初のコワーキングスペース「小高ワーカーズベース」事業を開始。その後、震災後では小高区初となる食堂「おだかのひるごはん」(2016年3月閉店)や仮設スーパー「東町エンガワ商店」、ガラスアクセサリー工房「HARIOランプワークファクトリー小高」をオープンするなど、住民帰還の呼び水となる事業の創出に取り組む。
2017年3月には家族も6年ぶりの帰還を果たす。
 
2014年12月 AERA「日本を突破する100人」
2015年12月 「ふくしまベンチャーアワード2015」特別賞
2017年 2月 復興庁「新しい東北」復興・創生顕彰 団体部門
2017年12月 ふくしま産業賞 特別賞
2018年 1月 地方再生大賞 北海道・東北ブロック賞
 
小高ワーカーズベース Webサイト: https://owb.jp
 
 

 

・会場のご案内

※内容は変更になる場合もあります。
 最新の情報はfacebook(https://www.facebook.com/schoolmariko)をご確認ください。
 またfacebookでは、スクールMARIKOスタッフによる情報発信を行っています。あわせてご覧ください。
※各スクールはこちらにてご予約を承ります。
 なお、席に余裕がある場合は、当日いらっしゃってもご入場いただけます。
 
 

 
 


第2回の様子

 

とても爽やかな和田さん

 

実践に基づいた、示唆に富んだお話に感動

 

和田さんに歌の贈り物、特別ゲストのhactoさん

 

ともに 知り、学び、考える